読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAMURAI BLOG 2017

僕のアホみたいな考えやバカな思想を好き勝手にBlogに書いていきます。

どん底からの脱出方法 5つの案 Escape from the bottom

どん底

    

    f:id:atsushihigeta:20170227222034j:plain

 

こんにちは。

今回は、どん底からの脱出方法を僕の経験と考えをもとに紹介していきたいと思います。

 

人によってどん底の深さや暗さや理由は様々だとは思いますが、どんなに自分にとってどん底にいたとしても、人からすれば理解できない場合があると思われます。

 

ただ人は人ですし、自分にとってはどん底なんだということは人と比べるものではありません。

 

人間不信、リストラ、うつ病、大事な人との死別、いじめ、引きこもり、ニート、事故、災害...などなど

たとえ光が見えなくても、光を見つけようとすることがどん底から脱出する唯一の方法なのかもしれません。

 

それでは5つの案を紹介しますね。

 目次

 

1 とにかく外へ行こう

なぜだか外に行くのが怖いんです。人の目が気になるんですよ。

ただ朝日を浴びるだけでも違いますし、ほんと近所を散歩するだけでもいいんです。

コンビニでお菓子を買いに行くだけでもいいんです。

自分の部屋だけが世界の全てではない。

変な汗掻きながらでも外へ新たな空気を吸いに行こう。

 

2 可能な限り規則正しい生活を心掛ける

難しいんですよね。意味もなく不規則になってしまっていて、いつの間にやら夜型の生活になってしまっている。

ほんの昨日まで普通に朝起きていたのになんで自分は...

あなたはきっと頑張っていたんです。頑張れなど言いません。

ほんの少し眺める視線を変えてみませんか?

 

3 静かすぎは危険、程よく雑音がある環境作り

静かな場所でゆっくりとしていると返って頭の中に同じような場面やストーリーを連想しがちです。単純なところ音楽をかけていてもいいし、映画でも、テレビでもいいんです。

なんか心が病んでる時は、異常なほどに周囲の音が聞こえてしまうものです。

なるべく静かすぎずうるさくない程度の環境に浸りましょう。

 

4 身の回りの整理整頓をする

掃除をすることで程よい運動にもなりますし、ガヤガヤした部屋や環境だと心がガヤガヤしたままです。出来る範囲でいいんです。徹底的にやらずに、大まかな整理整頓だけでもだいぶ違うはずですよ。

 

5 立ち直るのは自分次第、いくら期間が長くなってしまってもいいんです

焦る必要一切なし、多少迷惑けても良し、社会的にみっともなくても良し、世間の大人になる必要性一切なし、

きっかけは、望もうが望まないが必ず来ます。

人との出会いかもしれません。自分一人で考え抜いた答えかもしれません。誰かの言葉かもしれません。

いいんです。最終的に立ち直れれば!

 

僕は思ったんですよ。

どん底に足がポンと着いた瞬間に何かが強烈に変わった瞬間がありました。

僕はただただ人との出会いでした。

 

少ないですが僕の経験で感じたことが偽善的なのかもしれませんが、誰かの役に立つことができたら幸いです。

 

最後まで見て頂きありがとうございました。

 

 

atsushihigeta.hatenablog.com

atsushihigeta.hatenablog.com

atsushihigeta.hatenablog.com

atsushihigeta.hatenablog.com
 
Hello.
This time, I would like to introduce the method of escape from the depths based on my experience and thought.
 
It seems that the depth, darkness and reasons of depth are different from person to person, but it seems that there are times when you can not comprehend from people, no matter how much you are in the bottom of yourself.
 
Just a person is a person, and for me it's nothing to compare with people.
 
Human distrust, restructuring, depression, bastards with important people, bullying, withdrawal, neat, accident, disaster ... etc etc
Even if you can not see the light, trying to find the light may be the only way to escape from the bottom.
 
Let me introduce five of them.

 table of contents

[: Contents]
 
1 Anyway let's go outside
I am afraid of going outside for some reason. I'm curious about people's eyes.
Just by taking a morning sun, it's not the same, I just need to walk around the neighborhood.
Even just going to buy sweets at a convenience store is OK.
Only my room is not all in the world.
Let's go sucking new air outside while striking a strange sweat.
 
2 Try to live a regular life as much as possible
It is difficult, is not it? It has become irregular without meaning, and it has become a night type life unintentionally.
I just woke up in the morning normally until yesterday why myself ...
You surely worked hard. I do not say such things as hard work.
Why do not you change your eyesight for a moment?
 
3 Creating an environment that is quiet too dangerous, moderately noisy
If you are slow in a quiet place and return it will tend to associate similar scenes and stories in your head. Simple place You can play music, movies, TVs.
When my heart is sick, it sounds unnatural to hear ambient sounds.
Let 's immerse in an environment that is not too noisy as much as possible and is not noisy.
 
4 Organize your personal information
Cleaning will also be a reasonable exercise, and my mind will remain silent if it is a room or environment that was gray. I am fine as long as I can. Without doing it thoroughly, it should be quite different just by rough ordering.
 
5 It is OK to rebuild yourself, how long it may be for a long period of time
No need for impatience, no trouble somewhat, can be socially unspoiled, there is no need to become a world adult,
I do not want the opportunity, but surely I will come.
It might be a meeting with a person. It might be the answer you thought out by yourself. It may be someone's word.
It's fine. If I finally get over it!
 
I thought.
There was a moment when something changed intensely at the moment the foot arrived at the bottom of the bottom.
I was just meeting people.
 
Although it is small, what I felt in my experience may be hypocritical, but I hope it will be useful to someone.
 
Thank you for seeing it to the end.